ASエルフェン埼玉にゴール裏大旗

ゴール裏大旗を贈呈

2023年11月26日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で2023-24WEリーグ第4節・ちふれASエルフェン埼玉VSセレッソ大阪ヤンマーレディース戦が行なわれました。試合に先立ち、ゴール裏を飾る大旗を3種制作、鈴木・株式会社エルフェンスポーツクラブ社長に贈呈しました。
 昨年のビッグフラッグ贈呈に続いて、鈴木社長から感謝の言葉をいただきました。
 3種類のフラッグの1枚目は、ASエルフェンのロゴ・マークをいれたもの、2枚目は今期のスローガン“激しく速く美しく”とロゴマークをいれたもの、3枚目は勝利の女神をいれたヴィーナスフラッグ。このバックにはホームタウンの飯能・日高・狭山・熊谷、そしてサポータータウン蕨市の漢字1字をいれた大変凝ったもの。
もちろん、その後に行なわれた試合でゴール裏に登場。応援を盛り上げました。

セレッソ大阪ヤンマーレディース戦で大旗を振るエルフェンサポーター。

ゲーフラ体験教室開催

この日、蕨市のWEリーグ応援ツアーが実施されました。これに合わせて、ゲーフラ体験教室を開催、11組の応募者がスポーツ文化公園・副陸上競技場更衣室でゲートフラッグを制作しました。最初に、影山・(有)染太郎社長から、作り方のレクチャーを受け、おのおの真剣に作り始めました。出来上がったフラッグを手にスタジアムへ。
試合そのものは、残念ながら0-1でセレッソ大阪に負けましたが、ビッグフラッグにゴール裏の大旗、手作りゲートフラッグと応援ツールが増えるのにつれて、サポーターも増えてきたみたい。サッカーの応援ぽくなってきました(笑)

サポータータウン協定締結後、初の蕨市応援ツアー

2023年8月3日、蕨市と株式会社エルフェンスポーツクラブは「サポータータウン協定」を締結しました。
これは、女子サッカーの普及やスポーツ文化の創出、並びに地域社会・経済活動の発展、青少年の健全育成等に寄与することを目的としています。具体的には、蕨市は女子サッカー応援の街として、WEリーグ観戦ツアーの実施をはじめ、両者が行う情報発信の連携協力、株式会社エルフェンスポーツクラブでは、イベントへの選手派遣など蕨市における女子サッカーの裾野を広げる取り組みへの協力などを連携して取り組むというもの。サッカー少年・少女がエルフェンのクラブハウスを訪ねたりと交流を深めています。
その一環として、昨年11月同様、応援バスツアーが実施されました。

東京ヴェルディJI昇格プレーオフ準決勝勝利!

この日、エルフェン埼玉vsセレッソ大阪戦のキックオフと同時刻に、東京調布の味の素スタジアムでは、J1昇格プレーオフ準決勝の東京ヴェルディvsジェフユナイテッド千葉戦が行なわれようとしていました。
染太郎・影山社長は、ゲーフラ教室のレクチャー終了後、参加者の方々が上手にゲーフラを作り始めるのを見届けると、急いで味の素スタジアムに。

結果は、東京ヴェルディが2-1でジェフ千葉を制し、決勝進出を果たしました。決勝戦は12/2清水エスパルスと国立競技場で。

made in そめたろうのビッグフラッグと8000本のチームカラーフラッグがスタンドを埋め尽くす